ミニ石辞典 ~タンザナイト~

タンザナイト
Pink Tourmaline

和名:ゆう簾石(ゆうれんせき)
成分:Ca2Al3(SiO4)3(OH)
硬度:6~7
主要な産地:タンザニア

タンザナイトの特徴

・タンザナイトの特色・種類・色
近代になって12月の誕生石に加えられたタンザナイトは、灰簾石(かいれんせき、zoisite、ゾイサイト・・・黝簾石(ゆうれんせき)ともいう。)のグループの中でバナジウムを含む、青~紫系統の色をした石の宝石名です。色の濃い物には微量の酸化クロムが含まれています。
濃い紫、濃い青が出るものほど宝石としての価値は高く評価されます。

多色性という特徴を持ち、見る角度によって青色や紫色が強くなる宝石で、同時に青と紫、紫と赤を有することもあります。
更に自然光の下では透明感の高い群青色、ライトや白熱灯の下では紫色、蛍光灯の下では青色に輝く変化も見られる点が、タンザナイトの宝石としての大きな魅力と言えるでしょう。

モース硬度が低く、劈開性という性質を併せ持つことから、衝撃に対してデリケートですので、割れたり欠けたりしないよう大切に扱うようにしましょう。
・タンザナイトの歴史
最初の発見が1967年と比較的歴史が浅く、タンザニアから発見された青色透明のゾイサイト(ブルーゾイサイト)に対して、ニューヨークのティファニー社が産出国にちなんでタンザナイトと命名して売り出し、この宝石を広めました。
1980年代にはアメリカを中心に人気を呼ぶ石となり、鉱物名のブルーゾイサイトという名前よりも、タンザナイトの名称の方が一般化されました。

また一説には、古代ケルト民族の間で「霊力を授ける魔法の石」として崇められ、特別な儀式用の用具や首長の装飾品として使用されたと言われています。

パワーストーンとしてのタンザナイト

タンザナイトの宝石ことば・・・空想、冷静、神秘、誇り高き人

タンザナイトはネガティブなエネルギーを、ポジティブなものに変える力を持つと言われています。自分の中の古いパターンを新しいパターンに変換し未来を創造する、変換と創造の石とされています。

また「神秘的」「崇高で知的」な印象と、「色彩の変化」という特徴を併せ持つことから、以下のようにも言われています。
・知性や意識、柔軟性を高める ・複雑な問題に取り組む力を与える ・人生上の大切なポイントに光をもらたらす ・自分の中の創造性に気付き、自立心を養って自信を持てるように促す 

月の光を浴びると、タンザナイトはより神秘的な力を増すそうですよ。

ミニ石辞典

Search

アイテム
モチーフ・ブランド
誕生石・石
タイプ(男・女・ペア)
価格帯
在庫
キーワード

Brand

  • Sinla
シンラ
  • Garden
ガーデン
  • Classic style
クラシックスタイル

Order Jwewlry
ご自分用、ペアアクセサリー
エンゲージ・マリッジジュエリーの
ご注文について

  • スタッフblog
  • twitter
  • facebook